オーナーへメッセージ

下町ボブスレー
ネットワークプロジェクト


<MSPはこう使うとメリットあり> 開発段階からお打ち合わせに参加させて戴き、素材選定段階からコストダウンへ向けた提案をさせて戴ければ、より一層のメリットを出せます。
また、材料調達~組み立て迄をお任せ戴ければ、発注側の管理工数が削減出来て、目に見えない部分までコストダウンする事が可能です。

<当社の得意分野>
アルミ押し出し材の調達から
二次加工まで一式対応します

アルミヒートシンクの事なら
なんでもお任せ下さい。

<取扱い品目>
・アルミ押出形材に関する全ての加工
・マグネシウム材の調達から全ての加工
・旋盤加工部品
・マシニング加工部品
・複合加工部品
・ザス型によるプレス絞り加工
・冷間プレス鍛造部品
・アルミダイカスト、アルミ鋳物
・樹脂インジェクション成形
・ゴム成形・精密バネ
・表面処理・組付け加工

加工方法
・複合旋盤(バー材)
・複合旋盤(チャックワーク)
・高速マシニングセンター
・汎用フライス
・長尺材マシニングセンター
・アルミ形材のプレス加工
・ザス型によるプレス絞り加工
・冷間プレス鍛造

扱い材質
・アルミニウム
・マグネシウム
・銅、真鍮
・ステンレス
・スチール
・樹脂、ケミカルウッド

表面処理
・アルマイト
(硬質、染色、抗菌、摺動性、多色)
・各種メッキ
・各種塗装
・シルク印刷
組み立て
部品加工のみならず、部品に付帯する各部品を一括受託し組み立てまで行う事も可能です。



MSPは「心技隊」での活動を通し、製造業界で必要とされる活動を行って行きます。


全日本製造業コマ大戦
コマの販売サイト


製造業的復興支援プロジェクト製造業だからできる被災地支援のカタチ


「不謹慎」の向こう側
<人財募集中>
募集の連絡先はこちらから
MSPでは、金属加工部品販売の営業社員を募集しています。

望んでいる人物像は!
「苦しい時にでも、あと一歩踏み出せる勇気を持っている人」
経験は問いません。
ヤル気のある方を募集しています。

MSPは「製造業応援ブログ」を支援しています


過去記事
アクセスカウンタ
株式会社エムエスパートナーズ 公式HP http://mspjpn.com/
創業以来皆様に支えられながら今日まで歩んで来る事が出来ました。
全ての皆様に心より御礼申し上げます。心より感謝申し上げます。
アルミ押出し形材の素材調達から、後加工(切削、プレス、曲げ)から、表面処理(バブ仕上げ、ショットブラスト、染色アルマイト、クロムメッキ等)までを一貫して管理し供給させて戴ける体制を整えております。
MSPは金属部品を中心に、樹脂・ゴム・電子基板までを一括で調達から流通までサポ→トする技術商社として製造業界で必要とされる企業を目指しております。

MSP公式 Facebookページ   Facebook アルミ押出し材専用ページ   Facebook アルミヒートシンク専用ページ   MONOistコラム:伊藤昌良の「知覚動考」

MSP-JPNオンラインショップ  快足アルミ放熱ボードmni シルバー・サマーグリーン・メタルピンク・シャンパンゴールド (送料無料)    快足アルミ放熱ボード Big (送料無料)  
お問い合せ窓口は、こちらをクリックして下さい。

2005年12月13日

セールスレップ 54

 
前回の「セールスレップ53」にコメントを書き込み戴いた内容を掲載いたします。
他のレップの方も、ご感想をお待ちしております。

人気Blogランキングに、ご協力お願い致します。
以下、樺尾さんのコメントを掲載します。

========================================

記事、拝見させて頂きました。興味深いので投稿させて頂きます。まず、須藤様のコメントについて。憶測で申し訳ないですが、須藤様は恐らくセールスレップについての充分な理解を、理屈でも実践でもなされていらっしゃらないと思います。そしてこれも憶測で申し訳ないですが、どこかのレップ関係の団体・組織の方だろうと思います。以下の理由各号を充分検討して、その運営の向上に寄与できれば幸いです。

【理由その1】

>セールスレップは、メーカーと販売先を同時に開拓しなければなりません。

→同時にはメーカーと販売先を開拓しません。なぜならレップは販売先の需要欲求にまずフォーカスして、その後、販売先のソリューションとなるべき商品を供給できるメーカーを探し問題解決に当たるからです。これがレップ本来のあるべき姿です。逆順(メーカー確保のち顧客開拓)もありますが、いづれにせよ同時開拓という概念は原則ありませんし、それはレップ活動をやる前に準備すべきことです。

【理由その2】

>若い人ですと人脈も少ないので・・・

→若いから人脈が少ないということは、全く当てはまりません。コミュニティ開拓意欲の高い20代、30代の方は大勢います。むしろ中高年で会社のブランドや役職を前提条件とした人脈の有効性に私は疑問符を付けたいです。またそのことの証左の一つとして、中高年は実質的に機能しうる人脈やコミュニティ開拓をしたいという意欲が高い、とあるデータで出ています。

【理由その3】

>中高年層の方とチームを組んでセールスレップに取り組む方がより、効率的な活動と販売先の開拓がうまく運ぶことが多いと思います。

→効率的な活動と販売先の開拓が有効に機能するかどうかのチーム編成は、年齢層という一要素だけがその決定要因ではありません。確かに一般的には中高年=経験値が高い傾向がありますし、直面する問題解決のキーをその経験値から検索するスピード優位性もある程度は認めることができる訳ですが、一方で経験値を積めば積むほどそれに依存していく割合が高くなり、本質的な問題解決を見誤る危険性を同時に抱えることとなります。

【理由その4】

>こうした交流を進める意味では、・・・

→交流が何名でなされ、どのくらいの頻度で、どのようなカテゴリーで行われているのか伺ってみたいです。その交流へ現在参加している方々が、レップ活動を行う上でどれほど意味のある有益なものを享受しているかの満足度調査をしてみて下さい。あるいは参加を見合わせた方々の意見を聞いてみて下さい。

【理由その5】

>どこかの団体に所属したほうがより、ベターだと思いますが・・・・。

→団体の運営主体者しか利益を享受できないロジックで構成されているものに所属する意味性を見出すことは難しいかもしれません。また、そもそもレップは個人でも企業でも完全独立事業主です。なんらかの業界団体へ所属するコストを上回るプロフィットを享受できるかどうかを厳格に見極めます。
少なくとも私の知る限りにおいて、レップあるいはレップ機能を提供する営業アウトソーサーで成功しているところは、どこにも属さない、あるいは依存しないで独自路線で成長しています。論理は明快です。その組織あるいは団体に所属することに現時点ではメリット<コストだからです。

【理由その6】

>セールスレップは、取引などにおいてもトラブルなども多いため、しっかりとした基本を身に付けていないと、実際はうまく活動できないと思います。

→レップ業界に限ったことではありません。またレップ自体の活動形態、契約形態はそれほど特殊なものではありませんし、トラブル回避の防御線である契約は一般の商法、民法で充分ですし、コミュニケーションが充分なされている必要性はレップ業界固有のものではなく、他業界でも同様です。更にいえば、うまくいくかどうかはレップに関しての理解度よりも顧客(販売先)とクライアント(メーカー)の理解度(ニーズ・ウォンツ)と信頼関係構築が優先します。

【理由その7】

>メーカーへアドバイスしたことなどもしばしば、相手先にアイデアを勝手に使われたりすることも多いためです。

→有償・無償を問わず、アドバイスを受けた側がそれを実践することを“勝手”にという表現は理解に苦しみます。メーカーがそのアドバイスをいつ実践するかはメーカーの勝手だし、許可を受ける必要も根拠もありません。“勝手に”というのなら、そのアドバイスには反対債務が発生するとみるのが自然です。

最後に。

業界スタンダードを確立することを視野に活動している団体・組織の動きを見てきて思うところを延べさせて頂きます。メディアでは新聞、テレビ、雑誌を始め、ネット上でもセールスレップの意義や有効性が相当リリースされています。そこで団体や組織運営主体者の方々に聞いてみたいのですが、なぜこれだけ声高に2年以上もリリースされていながらセールスレップとしての登録者が全くといっていいほど増加していないのでしょうか?その理由を本質的に考えて頂きたいのです。その答えが資格認定制度だとしたらお門違いも甚だしいのではないでしょうか?資格を取得してもらうことがレップにとってプロフィットを生み出す最善解なのでしょうか?同じ打ち手だとしても手順前後は致命傷となりかねません。顧客は誰か、顧客は何を求めているか、もっともっと脳内出血するほど考えて欲しいと思います。

========================================

樺尾さんは、どの様な方か想像出来ません。
きっとレップでご苦労されながらも成功を収めている方なのでしょう。
組織運営者でない事だけは見て取れます。

私の拙い部分を見事にカバーして戴いた内容になっています。
セールスレップに関心のある多くの方にご覧戴きたいと思い
掲載いたしました。

特にこの部分について・・・

>メディアでは新聞、テレビ、雑誌を始め、ネット上でもセールスレップ
>の意義や有効性が相当リリースされています。
>そこで団体や組織運営主体者の方々に聞いてみたいのですが、なぜ
>これだけ声高に2年以上もリリースされていながらセールスレップ
>としての登録者が全くといっていいほど増加していないのでしょうか?

厳しい見方をすれば、運営側にしか利益をもたらさない構造体系ならば
当然だし、仮にそうでなければ社会に必要とされていないと言う事
なのでしょう。

無駄に組織を拡張させるよりも、セールスレップにとって本当に必要な
情報を発信出来る組織になって欲しい物です。
株式会社エムエスパートナーズ
<企業PR>
金属加工部品の「調達と流通を強力にサポ→トする」MSP
<加工技術>
・アルミ押し出し形材を利用した加工品
・マシニング加工品 ・旋盤加工品
・ダイカスト部品 ・板金部品 ・プレス製品
・樹脂成形 ・ゴム部品 ・シリコン成形
<対応金属>
・アルミニウム ・ステンレス ・銅合金
・マグネシウム ・タングステン ・チタン

MSPは、ものづくりを縁の下で支える会社です
皆様の立場に立って、お役に立つ確かな提案を致します。
お問い合わせは<こちらから>

<MSP行動理念>
今の自分で出来る事を
今の自分に出来るやり方で
今の自分が出来る限りやる

株式会社エムエスパートナーズ
代表取締役  伊藤 昌良

「本を読む時間を作れば、仕事の効率も上がります!
あなたの人生を変える一冊があるかも?」


同じカテゴリー(セールスレップ)の記事
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。