オーナーへメッセージ

下町ボブスレー
ネットワークプロジェクト



テクニカルショウヨコハマ
2016に出展しました。
今回も新たなご縁に恵まれて
新たな出会いで一歩前進です

皆様のご来場を心より感謝
申し上げております。


<MSPはこう使うとメリットあり> 開発段階からお打ち合わせに参加させて戴き、素材選定段階からコストダウンへ向けた提案をさせて戴ければ、より一層のメリットを出せます。
また、材料調達~組み立て迄をお任せ戴ければ、発注側の管理工数が削減出来て、目に見えない部分までコストダウンする事が可能です。

<当社の得意分野>
アルミ押し出し材の調達から
二次加工まで一式対応します

アルミヒートシンクの事なら
なんでもお任せ下さい。

<取扱い品目>
・アルミ押出形材に関する全ての加工
・マグネシウム材の調達から全ての加工
・旋盤加工部品
・マシニング加工部品
・複合加工部品
・ザス型によるプレス絞り加工
・冷間プレス鍛造部品
・アルミダイカスト、アルミ鋳物
・樹脂インジェクション成形
・ゴム成形・精密バネ
・表面処理・組付け加工

加工方法
・複合旋盤(バー材)
・複合旋盤(チャックワーク)
・高速マシニングセンター
・汎用フライス
・長尺材マシニングセンター
・アルミ形材のプレス加工
・ザス型によるプレス絞り加工
・冷間プレス鍛造

扱い材質
・アルミニウム
・マグネシウム
・銅、真鍮
・ステンレス
・スチール
・樹脂、ケミカルウッド

表面処理
・アルマイト
(硬質、染色、抗菌、摺動性、多色)
・各種メッキ
・各種塗装
・シルク印刷
組み立て
部品加工のみならず、部品に付帯する各部品を一括受託し組み立てまで行う事も可能です。



MSPは「心技隊」での活動を通し、製造業界で必要とされる活動を行って行きます。


全日本製造業コマ大戦
コマの販売サイト


製造業的復興支援プロジェクト製造業だからできる被災地支援のカタチ


「不謹慎」の向こう側
<人財募集中>
募集の連絡先はこちらから
MSPでは、金属加工部品販売の営業社員を募集しています。

望んでいる人物像は!
「苦しい時にでも、あと一歩踏み出せる勇気を持っている人」
経験は問いません。
ヤル気のある方を募集しています。

MSPは「製造業応援ブログ」を支援しています


過去記事
アクセスカウンタ
株式会社エムエスパートナーズ 公式HP http://mspjpn.com/
創業以来皆様に支えられながら今日まで歩んで来る事が出来ました。
全ての皆様に心より御礼申し上げます。心より感謝申し上げます。
アルミ押出し形材の素材調達から、後加工(切削、プレス、曲げ)から、表面処理(バブ仕上げ、ショットブラスト、染色アルマイト、クロムメッキ等)までを一貫して管理し供給させて戴ける体制を整えております。
MSPは金属部品を中心に、樹脂・ゴム・電子基板までを一括で調達から流通までサポ→トする技術商社として製造業界で必要とされる企業を目指しております。

MSP公式 Facebookページ   Facebook アルミ押出し材専用ページ   Facebook アルミヒートシンク専用ページ   MONOistコラム:伊藤昌良の「知覚動考」

MSP-JPNオンラインショップ  快足アルミ放熱ボードmni シルバー・サマーグリーン・メタルピンク・シャンパンゴールド (送料無料)    快足アルミ放熱ボード Big (送料無料)  
お問い合せ窓口は、こちらをクリックして下さい。

2017年04月01日

φ(..)メモメモ

読んでみて何度か読みたいと思ったので、消える前にコピペさせてもらいました。

引用元は以下の通り「日経ビジネス」webばんです。

リンク元をからでも、会員登録すれば全文を見ることが出来ます。

アイドル産業に学ぶ
秋元康氏、革新を起こし続けてきた男の頭の中

「“見たことがないものを見たい”に応え続けてきた」

齊藤 美保齊藤 美保
バックナンバー
2017年4月3日(月)


※自分が読みやすい様に改行等は変更していますのでご留意下さい。


秋元康氏、革新を起こし続けてきた男の頭の中

「“見たことがないものを見たい”に応え続けてきた」

アイドル産業において革新の中心に居続けるのが、現在AKB48グループの総合プロデューサーを務める作詞家の秋元康氏。
なぜ彼はイノベーションを起こし続けることができるのか。本人に話を聞いた。


アイドル産業に学ぶ
秋元康氏、革新を起こし続けてきた男の頭の中

「“見たことがないものを見たい”に応え続けてきた」

アイドル産業において革新の中心に居続けるのが、現在AKB48グループの総合プロデューサーを務める作詞家の秋元康氏。
なぜ彼はイノベーションを起こし続けることができるのか。
本人に話を聞いた。

秋元 康(あきもと・やすし)氏
1958年生まれ。東京都出身。高校時代から放送作家として活動。
「ザ・ベストテン」など数々の番組構成を手掛ける。
83年以降、作詞家として美空ひばりさんの「川の流れのように」をはじめ、数々のヒット曲を世に送り出す。
現在は、国民的アイドルAKB48グループと、乃木坂46・欅坂46の総合プロデューサーも務める。
今回の特集で非常に悩んだ点が「アイドル」の定義です。
秋元さんの「アイドル」の定義とはなんでしょうか。


秋元康氏(以下、秋元):「手の届く高根の花」か「手の届かない隣のお姉ちゃん」ですかね。
これは作詞家の阿久悠さんの言葉です。
幻想っていうと身もふたもないけれど、どこかで自分の理想とするホログラムのようなものだと思っています。

>そのアイドル像は、時代によってどのように変化してきたのでしょうか。

秋元:僕は、時代によってアイドル像が変化してきたとは思っていません。
正確に言えば、アイドルやエンターテインメント業界が変化しているのではなく、消費する側のファンのほうが変化しているのだと思います。
実はこちら側は何も変わっていないんです。

常に、自分が「いいな」と思うものを作ってきました。
それが当たったり当たらなかったりするのは、消費者がそのときに何を求めていたかによって左右されます。
消費者と僕らの思う「いいな」が一致したときに、アイドルはブレイクします。
結果的に望まれ続けたものが残り、それを並べて見たときに「ああ、アイドルって変化してきたんだな」と皆さんが感じるんです。

阿久悠さんはかつて、ウォークマンの登場で業界は大きく変わったとおっしゃっていました。
昔は音楽が街中で鳴り、そこで流れている曲を耳にして、「あ、これいいね」と新しい発見があったんです。
しかし、ウォークマンの登場で、個人がイヤホンで曲を聴くのが当たり前になってしまいました。
最初から自分の好きな曲だけ聴く。
だからヒットは生まれにくいんだと。



マーケティングは一切しない

>ヒットが生まれにくいなかでも、秋元さんは、市場調査や顧客ニーズを探るようなマーケティングを一切しないと聞きます。
>なぜでしょうか。

秋元:放送作家をしていた30代の頃、「この時間の視聴者はこういうものを欲しがっているはず」といった考えで番組を作っていました。
とても驕っていたと思います。
でもある時、自分も大衆の一人であることに気が付いたのです。
見えない大衆に向けて「こういうのがウケるんだろうな」と思って何かを作るのではなく、大衆の一人でもある自分が面白いと思うものを作ろうと。
それからは、時代とかマーケティングとか全く気にせず作るようになりました。



「なんてったってアイドル」は時代へのアンチテーゼ

>1985年に発売した小泉今日子さんの「なんてったってアイドル」の歌詞は、当時のアイドル像を表す分かりやすい詞ですね。

秋元:この歌詞を書いたのは実はロックがブームになっているときでした。
本田美奈子がワイルド・キャッツを結成したり、菊地桃子がラ・ムーを結成したりと、アイドルが相次いでロックの世界に進出している時期でした。
キレイな服を着てキラキラ踊るアイドルなんて、もうかっこ悪いという印象が社会にあったんです。
そんななかで書いた「なんてったってアイドル」は、僕にとっては「アイドルって最高じゃないか」という一種のアンチテーゼみたいなものでした。
きっと、時代に合った曲を作ろうとマーケティングをしていたら、あの歌は生まれなかったと思います。


素人へのシンパシーでブレイク

>同じころ、おニャン子クラブがデビューします(1985年)。今までとは全く異なるアイドルですが、なぜ大衆に受け入れられたのでしょうか。

秋元:僕がこれは売れるなと思ったのは、番組の中でMCの子が「今日は新田恵利ちゃんが中間テストのためにお休みです」と言ったときですね。
ここに全ての価値観をひっくり返すものがあったんですよ。

つまり昔は、アイドルと言えば堀越学園の芸能コースに通っていて、学校を休むことすらもカッコいい、特別に選ばれた人という印象でした。
80年代で言えば、芸能界が憧れの頂点という一つの流れもありました。

しかし、山口百恵さんの引退やキャンディーズの解散などがあり、「皆があんなにまで拘っていた頂点ってなんだったんだろう」と思い始めていたんですね。
あそこまで素晴らしいと思っていた夢の世界なのに、普通の女の子がテレビより中間テストを優先したんです。
これは画期的だと思いました。
これが、当時の中高生にとっても衝撃的で、「俺もテストなんだよ!」という共感を呼びヒットしたんです。
まるで女子高生の放課後を金網越しにのぞき見ているような感覚です。

“空腹”時にタイミングよく出せるかどうか

僕は学生時代から劇団が好きで、彼らが小さな劇場から徐々に大劇場に移るのを見て、「ああ、成長が目に見えるっていいな」と思っていました。
最初は同じように劇団を作ろうと思い原宿や青山を探したのですが、なかなかいい場所が見つかりませんでした。
たまたま秋葉原にいい所があったので、秋葉原なら劇団よりアイドルのほうが面白いと思い、2005年にAKB48のプロジェクトを始めました。

このときもマーケットのニーズなどは考えていなくて、色んな人に反対されました。
でも、「毎日劇場で公演をし、成長の過程が見えるアイドルって面白そう」と僕は単純に思っていたんです。
このころちょうど違法ダウンロードや不正コピーも出始めていて、これから生き残るのはやっぱりライブだなという思いもありました。

結果、2005年12月にオープンし、翌年2月には専用劇場が満員になりました。
ネットの口コミ力が大きいですね。
「すごいもの見つけた」って、秘密基地を見つけたみたいな感じで一気に拡散していきました。

アイドルが大衆を変えたり、時代にあった仕掛けをしたりするわけではありません。
大衆が望んでいるときに、それを登場させることが重要なんです。
夕方部活でお腹を空かせた野球部員に、タイミングよくカツカレーを出せるかどうか。
これこそが、ブレイクの境目です。
おニャン子のときは素人に、AKBのときは成長するアイドルにシンパシーを感じることが、大衆の“お腹具合”だったのだと思います。


>今の大衆はどのようなアイドル像を求めていると思いますか。

秋元:正直、僕は全く分かりません。

ただ、「見たことのないものを見たい」という大衆の心理はいつの時代も同じだと思います。
例えば、乃木坂46という公式ライバルを作ったのも、今までのアイドル界ではあり得ないじゃないですか。
全く笑わないデビュー曲「サイレントマジョリティー」でデビューした欅坂46がヒットしたのも、大衆が見たことがない世界だったからです。

サイレントマジョリティーは、CMソングの依頼があって作った曲です。
当初は明るい曲でお願いしますと言われたのですが、全く逆になってしまいました。
でも僕はどうしてもこの曲がいいなと思ったんです。
それが、ちょうど甘いスイーツの後に、ちょっとしょっぱいものを望んでいた大衆にたまたま合ったのではないでしょうか。


>アイドルをプロデュースする際に重要視していることはなんでしょうか。
>秋元さんの「面白い」は、どのような基準で生まれるのですか。

秋元:スタッフにはいつも予定調和を壊せと言っています。
見る前から、聴く前から分かるものを人は選んではくれません。
「なにそれ」ということに、人はハッとして見てくれます。

そういう発言をすると、「秋元が奇をてらったことをしようとしている」と思われるのですが、決してそういうわけではありません。
「アイドルはできない」「アイドルだからしちゃいけない」という枠を取っ払い、予定調和で敬遠されていたその壁を越えていきたいのです。

いくつか例があります。
AKBがスタートしたときに、あるメンバーが足を捻挫したので今日は休ませますと、運営スタッフから報告がありました。
「それは大変だ。相当痛いのか」と聞くと、どうやらそこまで痛くはなく、歩くのも平気だけどダンスは痛くて出来ないということでした。

そこで僕は、「それならステージでイスに座って歌いなさい」と言いました。
なぜなら、それはその日しか見られない光景だからです。
あのメンバーがイスに座って歌った光景を見たというのは、ファンにとって一つの貴重な体験になります。
「怪我をしたらステージには立てない」という予定調和で囲まれた壁を越えたわけです。

驚きのオーディション方法

秋元:他にも、“塩対応”で話題となった島崎遥香も好例です。
スタッフに当初、性格は本当にいいんだけれど、ファンへの対応が悪くて誤解されているメンバーがいると聞きました。
スタッフから叱って欲しいと言われたのです。
でも僕は、アイドルなのに媚びないのは面白いなと思ったんです。
そういう子がいてもいいじゃないか、と。

AKBグループのオーディションも少し変わっています。
普通は審査員が何人かいて、それぞれルックス何点、表現力何点って点数性にしてやるんですけど、うちは全く違います。
審査員が誰であれ、誰かが「この子いいね」と言ったら、他の全員が「えー!」と言っても必ず合格させます。
なぜなら、その人と同じ感覚で「いいね」と共感してくれるファンが必ずいるからです。
それを点数が高い順に上からとってしまえば、平均化した集団になってしまいます。
誰かのツボは必ず誰かのツボなんです。


“カルピスの原液”理論

>AKBのビジネスモデルはどう構築しようと考えてきたのでしょうか。

秋元:僕はビジネスのことは良く分かりませんが、やはり同じことをされたときに勝てないものは、やるべきではないと思います。
そこにパテントなり何かがないと簡単に逆転されてしまうからです。
昔からスタッフにはよく、「“カルピスの原液”を作れ」と言っています。
その原液があれば、色々なところがそれを使ってアイスクリームやキャンディーなどを作りたいと言ってきますよね。

アイドルはもっとオープンなプラットフォームにしたいと思っていました。
“カルピスの原液”は誰でも使えるべきだと考えています。
プラットフォームがあれば、“カルピス”を求める人がいる限りビジネスは成り立ちます。
僕なんかが思いもつかないアイデアを、誰かが持って来てくれるんです。



>その考え方の反対がジャニーズのように感じます。
>著作権でがちがちに固め、ネットでの配信や画像使用などにとても厳しい。

秋元:それは彼らがプロ集団だからです。
AKB48グループは素人集団なんです。
素人集団の強みは、オープンなプラットフォームになれることです。

SNSが普及したときも、アイドルに自由にSNSをやらせるなんてダメだと反対の意見が多く出ました。
しかし、その枠を超えてみようと思い、メンバーにSNSを解放しました。
炎上することもあるかもしれないが、それはネットに限らず舞台やインタビューの場でもいつでも起こりえます。
そこから自分で学んでいくべきですし、よりリアルに成長の過程が分かる良いツールだと思っています。

「ガラパゴス」に自信を

>海外展開に関して伺います。
>これまで上海とインドネシア、そして今後はタイ、台北、フィリピンと広がっていく計画です。
>世界に出て行った際に、日本のアイドル文化の強みはなんだと考えますか。

秋元:“ガラパゴスさ”ですね。

1980年頃、映画を作りたくて米国に映画の企画を持って行ったことがあります。
しかし、けんもほろろに断られてしまいました。
結局、海外で映画をやるのは無理なんだな、世界ってハードル高いなと思って帰国したんです。

その後、日本で「着信アリ」というホラー映画を作りました。
すると、米国からリメイクさせて欲しいとオファーがあったんです。
「ジャパニーズホラー」であることが評価されたんですよね。

つまり、アニメもディズニーとは違うし、アイドルも外国では概念が違います。
ガラパゴス市場の中で、自分たちの好きなものをただ作ってきた。
そこに強さがあると思います。
だからこそ、ネットが普及して世界中の人々が日本のガラパゴス文化を見たときに「なんだこれ」と驚くのです。

ですから、日本のガラパゴス文化が海外に出て行く際には、ローカライズする部分はあっても、基本スタンスは変えないべきだと思っています。
例えば、納豆を海外で売るために納豆の臭みと糸を引く部分を排除してしまったら、それはもう納豆ではないですよね。
納豆は納豆のままだからいい。
世界に出て行くときに一番必要なのはこの点で、“ガラパゴス”で成長したコンテンツであると自信を持つことが最も大事なのです。


ソフト重視の加速が必要

>アジアに目を向けると、J-POPよりも韓国のK-POPのほうが大きなファンダムを抱えています。

秋元:K-POPはある種の国策ですよね。
文化戦略が成功していて、例えばベトナムではK-POPがカッコいいから韓国の化粧品やLG電子のパソコンが売れたりします。

日本も「クールジャパン」を打ち出していますが、韓国に比べれば国策の力も弱く、企業もこうした文化戦略を理解している人がまだ少ないのではないかと思います。

僕が危惧しているのは、多くの日本の企業がこうしたソフトのコンテンツよりも、まだハードウェアのスペックを重視している点です。
例えばテレビなら、4Kや8Kってこんな性能で、こんなにすごいんですよって最初に説明しますよね。
でも大事なのは、4K、8Kで何を見たいのか。
そのソフトの部分が重要なんです。

任天堂がスーパーファミコンを発売したときに、人々はマリオゲームをやりたいからファミコンを買いました。
ソフト先行になれば、そのソフトをどう作るかによってハードはそれを生かすものにおのずと変わっていくはずです。

>以前あるアイドルが、アイドル産業が活発であることは、何かに夢中になっている国民が多いということで、それは非常に健全な社会だと言っていました。
>秋元さんから見て、アイドルの存在は日本社会、経済にどんなインパクトをもたらしていると思いますか。

秋元:それは大きすぎて回答できませんね。
というか、実は僕は皆さんが思う以上に、何も考えていません。
僕がやっているのは勘に頼った一本釣りみたいなものです。
それを学者や記者の方が学術的に説明したり分析したりしてくれるんですが、僕自身は狙って行動しているわけではないんです。

昨日も、これからのパッケージビジネスはどうなると思いますかと聞かれました。
でも正直僕は全く分からない。
さも専門家のように聞いてくるけれど、分からないんですよ。

ただ経済に絡めて1つ言えるのは、先ほども申し上げたとおりハードからソフト目線に移行すべき、と言うことですね。

VRやスマホのアプリで何か作って欲しいと言われることが多いのですが、そういう話を聞くたびに、なんだか「容器のことを先に言っている」と感じます。
料理を作るときに、何を作るのか、ではなく、何に盛り付けるかを重要視しているのです。
僕たちが作らなければならないのは、決して皿に合わせた料理ではありません。
おいしい料理を作らなくてはならないのに、あまりにも皿側に目が行ってしまっているなと感じています。
今後日本がクールジャパンとして海外市場に打って出ていく際に、日本企業が持つこの視線をもっと変えなければならないと思っています。

株式会社エムエスパートナーズ
<企業PR>
金属加工部品の「調達と流通を強力にサポ→トする」MSP
<加工技術>
・アルミ押し出し形材を利用した加工品
・マシニング加工品 ・旋盤加工品
・ダイカスト部品 ・板金部品 ・プレス製品
・樹脂成形 ・ゴム部品 ・シリコン成形
<対応金属>
・アルミニウム ・ステンレス ・銅合金
・マグネシウム ・タングステン ・チタン

MSPは、ものづくりを縁の下で支える会社です
皆様の立場に立って、お役に立つ確かな提案を致します。
お問い合わせは<こちらから>

<MSP行動理念>
今の自分で出来る事を
今の自分に出来るやり方で
今の自分が出来る限りやる

株式会社エムエスパートナーズ
代表取締役  伊藤 昌良

「本を読む時間を作れば、仕事の効率も上がります!
あなたの人生を変える一冊があるかも?」


同じカテゴリー(最近、刺激を受けた話)の記事
源ちゃんの現代国語
源ちゃんの現代国語(2017-03-15 19:51)

KINGカズ
KINGカズ(2017-03-13 08:13)

噛みつく力が欲しい
噛みつく力が欲しい(2016-03-01 23:23)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。