オーナーへメッセージ

下町ボブスレー
ネットワークプロジェクト



テクニカルショウヨコハマ
2016に出展しました。
今回も新たなご縁に恵まれて
新たな出会いで一歩前進です

皆様のご来場を心より感謝
申し上げております。


<MSPはこう使うとメリットあり> 開発段階からお打ち合わせに参加させて戴き、素材選定段階からコストダウンへ向けた提案をさせて戴ければ、より一層のメリットを出せます。
また、材料調達~組み立て迄をお任せ戴ければ、発注側の管理工数が削減出来て、目に見えない部分までコストダウンする事が可能です。

<当社の得意分野>
アルミ押し出し材の調達から
二次加工まで一式対応します

アルミヒートシンクの事なら
なんでもお任せ下さい。

<取扱い品目>
・アルミ押出形材に関する全ての加工
・マグネシウム材の調達から全ての加工
・旋盤加工部品
・マシニング加工部品
・複合加工部品
・ザス型によるプレス絞り加工
・冷間プレス鍛造部品
・アルミダイカスト、アルミ鋳物
・樹脂インジェクション成形
・ゴム成形・精密バネ
・表面処理・組付け加工

加工方法
・複合旋盤(バー材)
・複合旋盤(チャックワーク)
・高速マシニングセンター
・汎用フライス
・長尺材マシニングセンター
・アルミ形材のプレス加工
・ザス型によるプレス絞り加工
・冷間プレス鍛造

扱い材質
・アルミニウム
・マグネシウム
・銅、真鍮
・ステンレス
・スチール
・樹脂、ケミカルウッド

表面処理
・アルマイト
(硬質、染色、抗菌、摺動性、多色)
・各種メッキ
・各種塗装
・シルク印刷
組み立て
部品加工のみならず、部品に付帯する各部品を一括受託し組み立てまで行う事も可能です。



MSPは「心技隊」での活動を通し、製造業界で必要とされる活動を行って行きます。


全日本製造業コマ大戦
コマの販売サイト


製造業的復興支援プロジェクト製造業だからできる被災地支援のカタチ


「不謹慎」の向こう側
<人財募集中>
募集の連絡先はこちらから
MSPでは、金属加工部品販売の営業社員を募集しています。

望んでいる人物像は!
「苦しい時にでも、あと一歩踏み出せる勇気を持っている人」
経験は問いません。
ヤル気のある方を募集しています。

MSPは「製造業応援ブログ」を支援しています


過去記事
アクセスカウンタ
株式会社エムエスパートナーズ 公式HP http://mspjpn.com/
創業以来皆様に支えられながら今日まで歩んで来る事が出来ました。
全ての皆様に心より御礼申し上げます。心より感謝申し上げます。
アルミ押出し形材の素材調達から、後加工(切削、プレス、曲げ)から、表面処理(バブ仕上げ、ショットブラスト、染色アルマイト、クロムメッキ等)までを一貫して管理し供給させて戴ける体制を整えております。
MSPは金属部品を中心に、樹脂・ゴム・電子基板までを一括で調達から流通までサポ→トする技術商社として製造業界で必要とされる企業を目指しております。

MSP公式 Facebookページ   Facebook アルミ押出し材専用ページ   Facebook アルミヒートシンク専用ページ   MONOistコラム:伊藤昌良の「知覚動考」

MSP-JPNオンラインショップ  快足アルミ放熱ボードmni シルバー・サマーグリーン・メタルピンク・シャンパンゴールド (送料無料)    快足アルミ放熱ボード Big (送料無料)  
お問い合せ窓口は、こちらをクリックして下さい。

2016年01月06日

自尊心の低い馬鹿は得をする?



ホリエモンの発言?した事が記事になってて・・・



「プライド」ってなんだろうね?

調べると、「誇り」「自尊心」って書いてある。

ホリエモンがダメだって言いたいのは、「自尊心」の方かな?

「誇り」は要らないって言うなら、この記事には賛成できないが・・・

「自尊心」の方であれば、それも「間違った自尊心」の方なら
そんなもの捨てちまえ!って俺も思う。


「プライド」ってのは、諦めない心というか、最後まで生き抜く覚悟って言えば
いいのかな~

頑固な訳ではなく「揺るがない信念」っていうか、なんて言えばいいんだろうな~

仕事で言えば、業務を遂行する上で必要なら土下座だってする覚悟を持って
事にあたる精神のことなんじゃないのかな~

だから「プライド=誇り」は捨てちゃダメな様な気がする。。。

プライドをどう訳すのかによるんだろうね。


大筋、ホリエモンの言う事には賛成だけどね。

時間がある方は、長文ですが読んでみては如何だろうか?


=======

堀江貴文氏「“でも”が口癖の人は一生ダメ」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151230-00097016-toyo-soci&p=1

====以下引用(改行は変更)====

職場でも友人同士でも、なかなか「本音が言えない」という人も多いだろう。

一方、テレビでもどこでも「本音」で語るのが、先日『本音で生きる』を
刊行した堀江貴文氏だ。

いつでも「本音」で語り、やりたいことを凄い勢いで成し遂げてきたホリエモン氏に、
その生き方について聞いた。 

 
本音で生きるために必要なことは、3つあると思っている。

1つは、「言い訳」しないこと
2つめは、「バランス」をとろうとしないこと
3つめは、「自意識」と「プライド」を捨てること

少し概要を述べてみたい。
 
■「言い訳」をやめる

本音で生きるために、まずやるべきは、「言い訳をしない」ということである。

僕はメルマガを含め、人から相談を受けることも多いが、せっかく答えても、
「でも○○だから、それはできないんです」
と言われることがかなりある。

その「でも」が、自分自身を不自由にしていることに気づかないのだろうか。

たとえば、「お金がないからできない」という言い訳。

いまや熱意とやる気があれば、お金や人を集めることは不可能ではない。

たとえば、クマムシ研究家の堀川大樹さんは、有料メルマガ、LINEスタンプなどをつくって、
自分自身で研究資金を稼ぎ、自分のやりたい研究を自由にできる環境を作り上げている。

そもそも疑問に思うのだが、「お金がないからできない」と言っている人は、いったいいくらの
お金があればできるのだろうか。

お金が問題ではない人も多いように感じるのだが。

「時間がないからできない」という人もよくいるが、成功する人には時間があって、成功しない
人には時間がない、なんてことは当然ながら、ない。

「時間がない」というのは、「それを始めると今やっている何かをやめなければならないが、
それができない」ということなのだろう。

しかし、世の中はトレードオフだ。

時間がないなら、どちらかに決めなければならない。

むしろ、「何かをはじめるなら、何かを捨てなければいけない」ということは、当たり前のことだと
知っておくことだ。

「自分には才能がないから」といって、行動しない人もいる。
しかし、どんな功績を挙げた人でも、その人の努力によるところが、ないはずがない。

僕だって、才能があるかどうかといったら、別にそこまですごい才能があるとは思わない。

結局、「自分は凡人だから」と言ってしまった時点で、「自分は今のままでいい」「努力したくない」
と言っているようなものなのだ。

そもそも、才能なんて、やってみないと、自分にあるかないかなんてわからないのではないだろうか。

それなのに、やってもいないのに「才能がない」とうのはまったくの勘違いだと思う。

「でも」「でも」と言い訳を積み重ねてきた上に、今の自分がいる。

「でも」という縛りをとってあげるだけで、もっと自由に行動を起こしていけるのではないだろうか。
 

■ バランスをとろうとしない

「やりがいのある仕事をバリバリやりたい」が、「家族サービスのためのゆったりした時間も欲しい」。

「趣味の時間は今より減らしたくない」が、「もっと収入は欲しい」。

多くの人は、「バランス」をとろうとしすぎる。

でも、それはちょっとずるいと思うのだ。

仕事も家庭も趣味も、なんでもかんでもいいとこどりで、バランスのとれた生活をしたいと言って
おきながら、もっと時間を効率的に使いたいとか、チャレンジの多い人生を送りたいとか、
人間関係で悩みたくないとか……。

それははっきりいって無理だ。

本当にやりたいことがあるのなら、バランスなんてとらないことをお勧めする。

むしろ、極端でいいのだ。

やりたいことをする一方で、世間的にやるべきと思われている義務を果たさなければと
考えてしまう人も多いだろう。

しかし、「こうでなければならない」という思い込みから抜けられなくなってしまうと、

「バランス」をとることに必死になり、やりたいことも中途半端になり、体も壊してしまったりする。

そんなことで中途半端な生き方をするなら、最初から「バランス」などとらないほうがいい。
 

■ 「自意識」と「プライド」を捨てる

最後は、「プライド」と「自意識」だ。みんな自意識過剰なのだ。

でも、他人のことなんて、実は誰も気にしてはいない。

僕だって、「わー、ホリエモンだ」とか言われて写メをとられることもあるが、せいぜい、その人が
友人と夕飯を食べながら「今日ホリエモンと写メとったんだ」 「へえ」と話して終わり。

その場のニュースネタとして消費されるだけ。

アメリカの大統領にしても、どんな有名人にしても、世間の関心など、せいぜいこの程度のものなのだ。

だから、「どう見られているか」など、気にしていても仕方がない。

むしろ「プライド」をなくすほうが、みんなから愛される。

年をとってくると、プライドがものすごく高い人と、全然なくなる人と二極化してくるように思う。

プライドがものすごく高くなって、気難しいおじいさんや、おばあさんを想像してほしい。

こわばった表情のまま、ひとりでつまらなそうにしていて、誰も話しかけてこない。

「あーあ、かわいそうだな」と思ってしまう。

「プライドをなくせば、もっと楽になれるのに」 「そんなこと気にしなきゃいいのに」と。

「世間体が悪いとみんながついてこない」 「こんな年収じゃ格好がつかない」

などと思っている人もいるかもしれない。大丈夫。

プライドはなくなったほうが、みんなに愛される。

確実にとっつきやすくなって、人が寄ってくる。

逆に「すごい自分でいなければいけない」とか「相手に嫌われたらどうしよう」と思って、プライドが
高くなると、結論として、相手が自分の側に来づらくなる。

あなたも、そう思わないだろうか? 
 
 
■ プライドの低いバカがいちばん強い

結局、プライドの低いバカが、得をすることも多い。

プライドがないから、誰にでも声をかけられるし、

なんにでも挑戦できる。

普通の人は「こんな有名人に声をかけたら、嫌がられるのではないか」

「失敗したら、『できないやつ』だと思われるのではないかと躊躇してしまう。

要は、自分のプライドが傷つくのを恐れているのだ。

一方、プライドのない人は、恐れるものはないから、どんどん他人に声をかけ、
どんどん挑戦している。

挑戦してみてわからなければ、迷いなく誰かに尋ねる。

どちらが得をするのかは、明白だろう。

中途半端に小利口な人は、グダグダ、グダグダ考えているだけで、何もできない。

結局、「考える」ことができるほど利口じゃないけど、プライドはない人が、得をしているのだ。

「言い訳」しない。
「バランス」をとろうとしない。
「自意識」と「プライド」を捨てる。

3つ挙げたが、まず始めるなら「言い訳しない」がいいだろう。

言い訳をやめると、本当にすっきりする。

すぐに動けるようになる。

これだけでも、今からやってみて欲しい。

堀江 貴文

====引用終了====

これもポチってみようかな~



株式会社エムエスパートナーズ
<企業PR>
金属加工部品の「調達と流通を強力にサポ→トする」MSP
<加工技術>
・アルミ押し出し形材を利用した加工品
・マシニング加工品 ・旋盤加工品
・ダイカスト部品 ・板金部品 ・プレス製品
・樹脂成形 ・ゴム部品 ・シリコン成形
<対応金属>
・アルミニウム ・ステンレス ・銅合金
・マグネシウム ・タングステン ・チタン

MSPは、ものづくりを縁の下で支える会社です
皆様の立場に立って、お役に立つ確かな提案を致します。
お問い合わせは<こちらから>

<MSP行動理念>
今の自分で出来る事を
今の自分に出来るやり方で
今の自分が出来る限りやる

株式会社エムエスパートナーズ
代表取締役  伊藤 昌良

「本を読む時間を作れば、仕事の効率も上がります!
あなたの人生を変える一冊があるかも?」


同じカテゴリー(偏屈経営者の視点)の記事
2018年
2018年(2018-01-17 17:17)

進路の選択
進路の選択(2017-09-29 08:45)

風が吹いてきた
風が吹いてきた(2017-09-25 14:20)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。