オーナーへメッセージ

下町ボブスレー
ネットワークプロジェクト



テクニカルショウヨコハマ
2016に出展しました。
今回も新たなご縁に恵まれて
新たな出会いで一歩前進です

皆様のご来場を心より感謝
申し上げております。


<MSPはこう使うとメリットあり> 開発段階からお打ち合わせに参加させて戴き、素材選定段階からコストダウンへ向けた提案をさせて戴ければ、より一層のメリットを出せます。
また、材料調達~組み立て迄をお任せ戴ければ、発注側の管理工数が削減出来て、目に見えない部分までコストダウンする事が可能です。

<当社の得意分野>
アルミ押し出し材の調達から
二次加工まで一式対応します

アルミヒートシンクの事なら
なんでもお任せ下さい。

<取扱い品目>
・アルミ押出形材に関する全ての加工
・マグネシウム材の調達から全ての加工
・旋盤加工部品
・マシニング加工部品
・複合加工部品
・ザス型によるプレス絞り加工
・冷間プレス鍛造部品
・アルミダイカスト、アルミ鋳物
・樹脂インジェクション成形
・ゴム成形・精密バネ
・表面処理・組付け加工

加工方法
・複合旋盤(バー材)
・複合旋盤(チャックワーク)
・高速マシニングセンター
・汎用フライス
・長尺材マシニングセンター
・アルミ形材のプレス加工
・ザス型によるプレス絞り加工
・冷間プレス鍛造

扱い材質
・アルミニウム
・マグネシウム
・銅、真鍮
・ステンレス
・スチール
・樹脂、ケミカルウッド

表面処理
・アルマイト
(硬質、染色、抗菌、摺動性、多色)
・各種メッキ
・各種塗装
・シルク印刷
組み立て
部品加工のみならず、部品に付帯する各部品を一括受託し組み立てまで行う事も可能です。



MSPは「心技隊」での活動を通し、製造業界で必要とされる活動を行って行きます。


全日本製造業コマ大戦
コマの販売サイト


製造業的復興支援プロジェクト製造業だからできる被災地支援のカタチ


「不謹慎」の向こう側
<人財募集中>
募集の連絡先はこちらから
MSPでは、金属加工部品販売の営業社員を募集しています。

望んでいる人物像は!
「苦しい時にでも、あと一歩踏み出せる勇気を持っている人」
経験は問いません。
ヤル気のある方を募集しています。

MSPは「製造業応援ブログ」を支援しています


過去記事
アクセスカウンタ
株式会社エムエスパートナーズ 公式HP http://mspjpn.com/
創業以来皆様に支えられながら今日まで歩んで来る事が出来ました。
全ての皆様に心より御礼申し上げます。心より感謝申し上げます。
アルミ押出し形材の素材調達から、後加工(切削、プレス、曲げ)から、表面処理(バブ仕上げ、ショットブラスト、染色アルマイト、クロムメッキ等)までを一貫して管理し供給させて戴ける体制を整えております。
MSPは金属部品を中心に、樹脂・ゴム・電子基板までを一括で調達から流通までサポ→トする技術商社として製造業界で必要とされる企業を目指しております。

MSP公式 Facebookページ   Facebook アルミ押出し材専用ページ   Facebook アルミヒートシンク専用ページ   MONOistコラム:伊藤昌良の「知覚動考」

MSP-JPNオンラインショップ  快足アルミ放熱ボードmni シルバー・サマーグリーン・メタルピンク・シャンパンゴールド (送料無料)    快足アルミ放熱ボード Big (送料無料)  
お問い合せ窓口は、こちらをクリックして下さい。

2013年06月12日

「指原莉乃」って誰?

 この子だったのね(^_^;)
先週の土曜日に日産スタジアムで行われたイベント。

AKB48 32ndシングル選抜総選挙
~夢は一人じゃ見られない~


マスコミさんの大騒ぎで・・・

指原ホニャララが一位

大島優子が連覇できず

篠田麻里子が卒業

って言うのは、自然と耳に入ってきてた。


ところで、指原ホニャララって誰?って思って
オジサンはちょっと調べてみた(笑)



当然、最初はwiki先生にきいてみた・・・

指原 莉乃のプロフィール

愛称 さっしー、さしこ

生年月日 1992年11月21日

現年齢 20歳

出身地 日本・大分県大分市

血液型 O型

公称サイズ(2010年10月[1]時点)
身長 / 体重 159 cm / 42 kg
BMI 16.6
スリーサイズ 73 - 53 - 81.5 cm
靴のサイズ 23.5 cm

活動
デビュー 2008年3月1日

備考
2007年:AKB48 研究生(5期生)
2008年:AKB48 旧チームB昇格
2010年:AKB48 旧チームAに異動
2011年:Not yet結成
2012年:HKT48 チームHに移籍
2013年:HKT48劇場 支配人兼任



ふ~ん-y( ´Д`)。oO○

6月15日付(6月16日未明)放送の『AKB48の
オールナイトニッポン』において、『週刊文春』
(2012年6月21日号、文藝春秋)で、過去に
元ファンの男性と交際していたと報じられた
記事に関して、事実でないことも記載されて
いるとしたものの、その男性が友人であった
ことは認め、ファンや関係者に向けて謝罪した。
プロデューサーの秋元康は「明日から」HKT48に
移籍するように命じる


男性問題で博多に飛ばされた可哀想な子ね。
二十歳だったら、恋愛もしたいよね。

どんな子なのかは知らないけど、逆境をバネに
変えて、見事に一位になったってのは凄いね。


オジサン、アイドルとかに興味はないけど
AKB商法には興味津々(笑)

ネットに書いてあった実例を拾ってきた。


以下実際にある例を示す。
(引用元:ニコニコ大百科(仮))

<同一タイトルシングルの複数仕様>
CDの場合、シングル「大声ダイヤモンド」から「劇場盤」と称する
仕様とノベルティの違う商品を併売している。
通常盤についてもシングル「桜の栞」からは2種類以上を同時発売し
同じタイトルの曲として集計している。
しかし、複数仕様についてはほかのアーティストも行っているので
これは一概にAKBに特有な商法とは言えない。

<生写真などを封入>
CD購入特典にメンバーの生写真を封入する。
それ自体は普通なのだが、その写真はランダムで封入されて
いる点に注意。
メンバー分すべて集めるのなら最低でも十数枚購入する必要がある。
また似たようなものとして店舗特典などもある。

<各種投票権>
選抜総選挙や、「リクエストアワーセットリストベスト100」に
所定のCD1枚につき1票を投票できる。
これによりテレビ番組などでファンが一人で大量購入し
特定のメンバー、いわゆる「推しメン」に大量投票した例が
取り上げられている。
つまりファンに対して大量購入させようという、露骨なものである。

<個別握手会>
商品1点あたりメンバー一人を指定して行う握手会。
AKBでは主にAKB48劇場で行われてきたが、シングル
「涙サプライズ!」の劇場盤から、東京ビッグサイトや幕張メッセ
といった大きな会場に場所を移して行われている。
現在ではさらに写真会、サイン会なども個別に行っている。

<全国握手会>
12名程度のメンバーが全国の会場で行う。
本来は抽選で行うものだが、CD購入者は抽選なしで参加できる。
これでファンを急速に増やしたと言われてる。

<フォトアルバム集>
定価5万400円、2000冊限定販売という、ファンですら購入を
ためらうであろう品物。
特典に販売から7年後の2015年開催予定の10周年コンサート
の招待券が付属した。
それまでにAKBが落ちぶれる、もしくは解散したらどうなるかは不明。

<ダウンロードコンテンツ>
アルバム関連のダウンロードコンテンツを25回以上ダウンロード
すると握手会に参加できる、というもの。
この他にもダウンロードの回数に応じた特典などがある。




AKB商法って何が悪いの?

CDの複数枚購入などは自由意志に基づくものであるし、かつてモーニング娘。
などがブレイクした頃も一人で何十枚も購入したという実例は少なくなかった。

しかしこの商法では、販売側がそれを促し、誘導しているという点で悪質と
判断されている。
オリコンチャートなどは当然購入者数でなく売上枚数で判断しているため
実際の購入者数と売上数に大きなギャップを生じるとされている。
関係者からも「商法そのものを無くすべき」とすでに批判が上がっている。

タレントの伊集院光は、このような体制に対して自身のラジオ番組で
「AKB商法って相変わらずスゴイなって思うんです。
もう、経済の教科書に載せれば良いじゃんって」と、皮肉を交えて大きく批判。
同じくタレントで噺家の桂南光は、レギュラー番組の中で「えげつない商売だ」
と批判した。

音楽家の評判は当然悪く、桑田佳祐は名前こそ出さなかったが、深夜ラジオで
「お前ら…ズルいよ!」とやんわり皮肉を述べたほか、山下達郎も「本来の音楽
としての価値観が崩れる」として「僕の人生には不要」とバッサリ。
(もっとも、『会社』からの要望で仕方なしに初回盤仕様の併売が行わ
れているとも。正に本末転倒。)

また、2012年のレコード大賞では服部克久が「これが日本の音楽業界の
現状です。楽しんでいただけましたでしょうか?」と述べたことは大いに話題となった。

握手券や選抜総選挙の投票権だけを目当てに大量購入するファンが居るが
一方でそういうファンでも握手券だけを抜き取りCDを中古ショップに即売却する
またはオークションに流すという事例もある。
極端な例では棄てられている例も確認されている。
またファンへ商品を転売する事で利益を得ようとする者も当然ながら現れた為
「ポニーテールとシュシュ」の劇場盤握手会より身分証明書による本人確認が
行われる事になった。
(これによって同商品の予約枚数は半分以下まで収まっている為、転売目的
の購入者がいかに多いかを裏付ける結果となっている)

なおAKB48は2008年に販売したシングルにおいて、44種類のソロポスターの
うち1枚ランダムで封入で、
44種類すべて集めれば特別イベントに招待される、というあからさまに阿漕な
商法を展開しようとしたが、後日、独占禁止法(不公平な取引)に抵触する恐れ
があると見なされ、ソニー・ミュージックエンタテインメントならびにデフスター
レコーズ社内の法務担当の指摘によりこの企画は中止になった。
(すでに販売していたものは未開封の商品とポスターの持込で払い戻しが行われた)
この事件は多数のニュースサイトでも取り上げられ、悪い意味で今でもAKB商法
の悪質さ、販売側の客を客とも思っていない態度を示す事例となっている。


秋元康さんのプロデュース力は、おニャン子クラブの頃にお世話に
なってましたから批判するつもりはない。

なんてたって、アイドルは時代の鏡だもんね。
AKB48は、今の時代をどう反映しているのだろうか?
wiki先生に書いてあることを要約してみる。

AKB48(またはその姉妹プロジェクト)の消費様式として
以下のような特色がある。
<経済状況との関連>
バブル崩壊後の不況・就職難の中で、若者はインターネットなど
限界費用の少ない趣味に没頭するような消費様式をとるようになった。
そういった経済状況に適応して生まれた文化をデフレカルチャーと
呼んでいる。
AKB48は不況下にも強いデフレカルチャーのひとつだと考えることができる。
2000年代に入ると音楽CD不況で、ライブで収益金を確保するのが
音楽業界の主流になった。
そのためコンサートの入場料金は高額に設定されがちであるが
AKB48の劇場公演のチケットは一般的なアーティストのライブに
比べればはるかに安価であり、また写真集をはじめとする関連商品の
価格も相場より低めに設定されている。
これは収入の低い若年のアイドルオタクにターゲットを絞った
マーケティング戦略であるという。
また、AKB48のメンバーの多くがSNSを開設しており、ファンはそれを
チェックするという形で事実上出費の伴わない消費を行っているが
これもデフレカルチャーの典型と考えられる。

AKB48の系列グループとして、国内では名古屋市の栄を拠点とする
「SKE48」や大阪市の難波を拠点とする「NMB48」といった姉妹グループが
地方に展開されているが、これは前述のデフレカルチャー浸透の一環として
高額な出費を避けようとする若者の地方回帰とリンクしている。
同時にAKB48は動画共有サイトを通じて日本国外にもファンを増やしており
また系列グループは台湾やインドネシアといった日本国外への進出を
表明しているなど、グローバル化の一面も存在する。
ローカル化とグローバル化の同時進行(グローカル化)という意味では
AKB48の現代のカルチャー消費の特徴を備えているといえる。

AKB48のメンバーのキャラがファンから消費されており、それが運営戦略と
密接にかかわっていることが論じられている。
各メンバーのキャラが必ずしも固定的ではないものの、例えば大島優子は
おっさんキャラで高橋みなみはすべりキャラといったような役割分担が
おおむねなされており、メンバーが人気を維持できるか否かは容姿・スタイル
歌唱力といった要素よりもキャラの確立の成否に依存している面がある。

チーム別のサブグループ編成や選抜総選挙という序列付けによって
メンバーのキャラが固定化されやすく、また認識されやすいようなシステムが
設計されており、さらに握手会をはじめとするふれあいを重視したコンセプト
によりファンはメンバーのキャラ形成に直接的に関与できるという幻想を
かきたてられるようになっているたのだいう。


今回一位になった指原は、ヘタレキャラって書いてあったけど
そういう事なのね。

これって、我々のビジネスでもなんか応用出来るんじゃね?
まさに、先進的な町工場は「グローカル化」して来てるもんね。

ネタがないな~って思って書き始めたんだけど、いろいろな勉強になった。
何事も無駄がないって事だね。


さてさて、今日も楽しくがんばりますよ~( ´Д`)σ)Д`)プニョプニョ



株式会社エムエスパートナーズ
<企業PR>
金属加工部品の「調達と流通を強力にサポ→トする」MSP
<加工技術>
・アルミ押し出し形材を利用した加工品
・マシニング加工品 ・旋盤加工品
・ダイカスト部品 ・板金部品 ・プレス製品
・樹脂成形 ・ゴム部品 ・シリコン成形
<対応金属>
・アルミニウム ・ステンレス ・銅合金
・マグネシウム ・タングステン ・チタン

MSPは、ものづくりを縁の下で支える会社です
皆様の立場に立って、お役に立つ確かな提案を致します。
お問い合わせは<こちらから>

<MSP行動理念>
今の自分で出来る事を
今の自分に出来るやり方で
今の自分が出来る限りやる

株式会社エムエスパートナーズ
代表取締役  伊藤 昌良

「本を読む時間を作れば、仕事の効率も上がります!
あなたの人生を変える一冊があるかも?」


同じカテゴリー(あのニュースに一言)の記事
進路の選択
進路の選択(2017-09-29 08:45)

源ちゃんの現代国語
源ちゃんの現代国語(2017-03-15 19:51)

集団的自衛権の問題
集団的自衛権の問題(2015-07-21 23:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。